まるごと岡山食べ尽くし日記

タグ:お好み焼き

5
ブログ移転につき、こちらの記事は
https://marugotookayama.com/2020/01/01/hori/

から読めます。お手数おかけして申し訳ございません。

5


私事ですが、
歌手のaikoが好きです。

今回、大阪城ホールでライブがあるため
大阪に行ってきました\( ˆoˆ )/\( ˆoˆ )/


読者の方に
大阪のグルメの情報も楽しみにしています!
との声を頂いたので、、、、
グルメレポートさせてください!!!!!




大阪といえば、
たこやき!関西風お好み焼き!


...ですが
広島出身の私はもちろん
広島風お好み焼きを溺愛しています。


なので、今回は
どうしても本当に美味しい
関西風お好み焼きを食べてみたい。

と思って、大阪に住む食通の方に
予め、おいしいお好み焼き屋さんを聞いて
そちらのお店を目指して天満駅へ。







途中でたまたま見つけたのが
こちらのたこ焼き屋さん。

【寛子】

IMG_5438

おばあちゃんがやっていて
10個250円ってめっちゃ安いじゃん!!

って足を止めました。

IMG_5436

「写真撮っていいですか?」
と聞くと、
「どんどん撮って!私も撮って!」
との事だったので
さすが、大阪の方だな( ´ ▽ ` )笑
と思いながら撮影しました。

※なので今回はあえてモザイクなし←


IMG_5437

ふにゃふにゃ系のたこ焼き。

こちらのお店、実は
Google評価も高く、
取材などもよく受けている人気店でした!

FullSizeRender

ソースがたっぷり!!!
見ただけでヨダレでちゃう。

FullSizeRender

いただきま〜す!!!!

IMG_5441

中には小さめのタコが2個
はいっていました!
トロトロでおいしいよ〜!!!!!!!

これが250円は本当に安い!!!!


外カリッ中トロッ系が好きなので
やわやわ系のたこ焼きどうなのかな?

と思ったけど、、、

最高でした!!!!!!

本当に美味しくて感動しちゃいました。

イートインもできますが
人気店のため予約の席があるそうで
土日は、1人1パック買うと店内で食べれる
というようになっています。

でも、おばあちゃんが
「ここの道をまっすぐいったら、座って食べるとこがあるよ〜」
って丁寧に教えてくださって
優しいなあ〜!って思いました(´;ω;`)

IMG_5550


 〒530-0041 
大阪府大阪市北区天神橋5丁目6−3
081-6353-5428
正午~19時
不定休




✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼




そして、さらに歩いて5~10分ぐらい。
お目当てのお好み焼き屋さん
【びっくり お好み焼き まるみ】
さんに到着。

IMG_5442

お邪魔します!!

IMG_5444

普段は、夜しか空いていないそうですが
土曜日だけお昼も営業されているみたい。

FullSizeRender

オススメを聞くと
「まるみ焼き」が1番でるそう。
「やきそば」も自慢の逸品だそう

IMG_5446

色紙を見てると
NONSTYLEの色紙もあった( °_° )!

FullSizeRender

まるみ焼き楽しみだなぁ~!

IMG_5549

店員さんたちも
きさくにはなしかけてくださって
とても楽しい雰囲気で待っていました。


そして、いよいよ登場!!!

FullSizeRender

じゃーーーん!!!!

特製まるみ(1000円)

びっくりするほど大きいんです!


食べてみると、
ぷりぷりのエビ
いか
たこ
豚ロース
がたっぷり!!!

そして真ん中には立派なホタテが!



だしを沢山使って
ふわっふわ!!
トロットロ!!!!


絶品お好み焼きです!!!!



海鮮がこんなにゴロゴロのお好み焼き
初めて食べたので感動しました!

これで1000円なら安い!!!!



大阪にきてボリューム満点の
本当においしいお好み焼きを食べたくなったら
是非オススメしたいお店です!!!



雰囲気も素晴らしくて
是非また来たいなと思いました!
ごちそうさまでした♪♪


IMG_5551



〒530-0041 
大阪府大阪市北区天神橋6丁目5−1


17:00~23:30

土曜のみ
正午〜15:00
17:00~23:30


定休日  日曜日

080-6257-6558


※予約オススメします。








どちらのお店も
昔から愛されるお店で
お店の方の人柄まで味わえる
本当に素晴らしいお店でした!


お店はどちらも歩いて行ける距離なので
是非!両方いってほしいです!!!



ありがとうございました(*^^*)


このページのトップヘ